Follow:

チャネリングとは

チャネリングとは、チャネラーが、日常の意識(目に見えるもの・感じるもの)以外の目に見えない意識や存在とつながり、そこからの情報やメッセージを伝える。というものです。

霊媒、シャーマンや巫女と呼ばれる人、日本では青森のイタコさんたちもある意味チャネラーですね。

チャネリングには様々な種類があります。

チャネラーは何をチャネルするか?

チャネラーは何と、どんな存在とつながるのでしょうか?

自分のハイヤーセルフ、相手(クライアント)のハイヤーセルフ、ガイド、宇宙、高次元の存在、創造主・・・・・チャネラーによって様々です。

トランスチャネリングとコンシャスチャネリング

どのような方法でチャネルを行うのか?チャネラーはどのような状態でいるのでしょう?大きく分けて2つあります。

1.トランスチャネリング

チャネリング中はチャネラーがトランス状態になり、自分が何を話したのかは、チャネリングの後には覚えていない。
声や話し方のくせまで変わってしまう場合があります。

2.コンシャスチャネリング

チャネリング中、チャネラーの意識は明確であり、自分が何を話しているのかわかっている。
チャネラー自身からチャネラーの言葉で伝える場合と、意識がありながら、声や話し方が変わる場合もあります。

言葉で伝えるだけでなく、自動書記の場合もあります。

Brand Newでは、コンシャスチャネリングでメッセージをお伝えしています。

チャネリングで受け取るメッセージ

ここにこんな図があります。

001

四角に見えます。

でも、実は円柱を真横からみたものなのです。

上から見るとこう見えます。

002

この図と同じように私たちの生きている現実の世界と他の次元や領域からでは違って見えることもあるのです。

そちらから見えるのはどういう形ですか?と聞いてみる。Bran Newは、チャネリングをこのように考えています。

私たちの世界や人生には、喜びや悲しみ、成功や失敗、平和や混乱など様々な事が起こっています。

悲しみ、失敗、混乱の中にいるときはその中から見える景色のみが真実だと思ってしまうことも・・・。

それは真実でしょうか?どうしたらいいかわからない状況の中であっても、喜びや平和、愛の中から見ると違うものが見えると思いませんか?

高次元のガイドたちの目線はいつも優しく、そして忍耐強く、メッセージは光りや色、温かい愛ともにやってきます。

私たちが迷いや困難の最中や乗り越えたときに感じる「やっぱり守られているんだ。」という事を思い出させてくれます。

主役はチャネリングセッションを受けるご本人です。

チャネリングでやってくるガイドからのメッセージや内容には絶対従わなければならないものではありません。

私たち人間が100%完璧でないように、ガイドからのメッセージも必ずしも100%ではありません。

チャネリングのメッセージの中から自分にとって良いと思われるものをご自身で選び、現実の世界や日常生活にうまく活かして頂くことが大切です。

 

Brand New チャネリングのご予約・お問い合わせはこちら

Share