Follow:

一番心に残っているのは、私が日常感じているある「不安」を口にしたとき。

私は昔から、目に見えない世界と目に見える世界の両方を大切にしている方々とご縁があります。幼馴染、大学時代からの親友、かつての職場で出会った先輩、FBで知り合った方々などなど。みかさんもそのおひとり。

そんなわけで、いわゆる「スピリチュアル」なことにはなじみのある私ですが、チャネリングは初めての体験。最初は緊張していてお部屋に入ってすぐは心臓がドキドキ、過呼吸気味でした。

少しみかさんとお話しをしてから、セッションが静かに始まりました。みかさんがガイドとつながって私へのメッセージを伝えてくださいます。

最初にまず私がひとつの質問をして、それに対してガイドからのことばが伝えられ、、、あとは促されるままにはなしていた感じでした。とても優しくて、安心できて、最初の緊張はすぐに解け、あっという間の時間でした。

一番心に残っているのは、私が日常感じているある「不安」を口にしたとき。

ガイドは「ははっ」と声をあげて笑い「それはあなたの頭の中のおしゃべりにすぎません」と可笑しそうにいいました。なんていうか「や~ねぇ、そんなこと思ってたの。もう、困った子ね~」みたいな。「そっか、そんな笑い飛ばされちゃうようなくだらんことなんか」って、すごく気が楽になりました。

この「不安」にかぎらず、ほかにもいっぱいある「不安」、今まで誰にも言えなかったこと、自分でことばにしてこなかったことをためらわずにことばにしてました。

最初の質問以外は何を聞こうか事前に考えていなかったのですが、ガイドが聞きたいこと、話したいことを引き出してくれたようです。

あなたは自由。
それを許されている。
とても尊重され、理解され、愛されている。

あたたかいメッセージをいただきました。
不思議な、でも自然な体験、という感想です。

そして、チャネリング効果が続いていたのか、その日の夜は眠りながら気分がよかったのです。夢を見てるわけではなく、眠りが浅いという感じともちょっと違う、眠ってるけど何かいい気分だなぁと感じている、という、今までにない感覚でした。安心、守られている、それを信じられるってこういう感覚でしょうか。

みかさん、素敵な体験をありがとうございました。また迷ったり悩んだら、SARAに「一笑に付して」もらいに行きます。

Share
Next Post